メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護事業者施設

閉鎖相次ぐ 報酬引き下げが影響

通所介護事業所を経営する加藤さん(右後ろ)。介護報酬のマイナス改定や職員確保の壁に直面し、今年5月に1カ所閉鎖した=福岡市早良区で2015年10月30日、青木絵美撮影

 人手不足や経営難で施設を閉じる通所介護事業者が相次いでいる。4月からの介護報酬引き下げの影響もあり、今年度、施設の廃止や休止を届け出た通所介護事業所は九州・沖縄・山口で288件(11月まで)に上った。安倍政権は「1億総活躍社会」を旗印に介護サービス拡充を掲げるが、事業者は「絵に描いた餅」と懐疑的だ。

 福岡市で有料老人ホームや通所介護(デイサービス)、訪問介護の事業所を経営する加藤暢也(みつや)さん…

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1280文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場
  4. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  5. 和歌山殺人 妻に複数の生命保険 体内から大量の砂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]