メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「しまねのうた」完成 自虐ネタで全国発信 

方言も交えた「しまねのうた」を紹介する動画。県民も出演している=島根県提供

 島根県の認知度アップを目指すPRソング「リメンバーしまね的! しまねのうた」を県が作った。東西に広い県内をドライブする様子を「無口になるカーナビ ひたすら走るよ9号線」などと自虐的に紹介。担当者は「県の魅力を全国に広めたい」と鼻息も荒い。

 東京の企業が今年2月に実施したインターネット調査で「何があるかよく分からない県」の1位になった。これをきっかけに、広聴広報課がネット上で運営する県のファンサイト「リメンバーしまね」を使って制作。今夏、歌詞になりそうな「島根の魅力」を募集し、県内外から340件のキーワードやエピソードが寄せられたという。

 大阪を中心に活動する2人組のボーカルユニット「X+」(エクスト)の日高慎二さん=邑南町出身=が作詞、作曲を手がけた。「島根の旗はマが四つ」「10月は人口より神様が多い」「砂丘じゃなくて砂時計がある」などと歌う。

 「リメンバーしまね」のサイトで公開中。県内各地で撮影した動画には県民も多く出演している。1月24日には、広島市中区の広島グリーンアリーナなどで開催する島根ふるさとフェアの会場でX+が披露する。【曽根田和久】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒアリ 福岡でも確認 九州地方で初
  2. 大相撲 「計り知れない努力の結果」と祝福 東京でも号外
  3. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見
  4. ヒアリ どんな生き物?毒針で刺されたらどう対処?
  5. 吉良ワイキキビーチ 西尾の新パーク、23日にオープン /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]