メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 岸田文雄外相が28日、日韓外相会談後に記者団に語った要旨は次の通り。

     ◆今回の合意は画期的な成果だ。日韓関係は未来志向の新時代へと発展する。日韓、日米韓の安全保障協力も前進する素地ができた。

     −−日本政府の責任とは。

     ◆慰安婦問題は、当時の軍の関与のもとに多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた問題だという認識を従来表明している。このような観点から、歴代内閣の立場を踏まえ、責任を痛感していると述べた。これまで日韓の解釈は異なっていたが、今回の合意で問題に終止符を打った。日韓間の財産および請求権に関する日本政府の法的立場は従来と何ら変わらない。

     −−財団への10億円の拠出は事実上の国家賠償ではないか。具体的な事業は?

     ◆賠償ではない。元慰安婦の名誉と尊厳の回復に資する措置や、医療サービスの提供、健康管理、療養看病のための支援などを考えている。

     −−少女像や、慰安婦問題を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録する件はどんなやり取りをしたか。

     ◆在韓国日本大使館前の少女像は適切な移転がなされると認識している。今回の合意の趣旨に鑑み、慰安婦に関するユネスコの世界記憶遺産登録の申請に韓国が加わることはない。

     −−慰安婦問題はこれまで何度も蒸し返されてきた。

     ◆外相会談で膝詰めで話をし、(不可逆的な解決に)韓国政府の確約を取り付けた。両国首脳間の合意だと強調したい。【ソウル小田中大】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
    2. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
    3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
    4. 人身事故 山手線と埼京線で遅れ、6000人に影響 東京
    5. いきものがかり ゆかり厚木のCD店 惜しまれつつ閉店 ファンの「聖地」に賛辞の拍手 /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]