メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア「公で議論歓迎」

 【ジャカルタ平野光芳】インドネシア外務省の報道官は「問題が開かれた場で公に議論されたことを歓迎する」とコメントした。インドネシア国内でも1990年代以降、従軍慰安婦の存在が注目されてきたが、政府は「1958年の戦後賠償協定で問題は解決済み」との立場を取り、最大規模の投資・援助相手国でもある日本と政治問題化しないよう配慮してきた。

     ただインドネシアでも、元慰安婦への支援を求める声は根強い。日本の戦争責任について研究している国際未来研究所のヘンドラジット氏は「今回の日韓合意は外交的に現状を打破した。これを機にインドネシア政府もより積極的に問題に取り組んでほしい」と期待を示した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ氏 東欧の首相を押しのけ前に? 厳しい批判も
    2. 岡山・加計学園 獣医学部新設手続き「早く」 首相補佐官、前次官に要求 昨秋
    3. 加計学園 首相補佐官が前次官に要請 新設手続き「早く」
    4. 世界の雑記帳 メラニアさん、トランプ大統領との「手つなぎ」拒否か
    5. キスリャク駐米露大使 「最も危険」 トランプ政権接触で注目 笑顔武器に人脈、実は大物スパイ?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]