メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上州路からリオへ

元日号砲・ニューイヤー駅伝/下 宇賀地強(28)=コニカミノルタ

前回大会、コニカミノルタの4区・設楽(左)からたすきを受ける5区の宇賀地=竹内幹撮影

リベンジ誓う絶対エース 宇賀地強(うがち・つよし)(28)

 屈辱だった。前回のニューイヤー駅伝。4秒差ながら首位でたすきを受けた5区で、日清食品グループとトヨタ自動車に先頭争いに持ち込まれ、ラストスパート合戦で振り切られた。チームはその後も巻き返せず、3連覇を逃して2位。「私の走りが直接の敗因となった」。責任をすべて背負い込む言葉は、絶対的エースのプライドの裏返しでもある。

 日本屈指のスピードランナーだ。2013年世界選手権(モスクワ)は1万メートルで代表になり、日本勢ト…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文834文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 地面師事件 偽造できぬ証明書ない 詐欺の「道具屋」豪語
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです