メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上州路からリオへ

元日号砲・ニューイヤー駅伝/下 宇賀地強(28)=コニカミノルタ

前回大会、コニカミノルタの4区・設楽(左)からたすきを受ける5区の宇賀地=竹内幹撮影

リベンジ誓う絶対エース 宇賀地強(うがち・つよし)(28)

 屈辱だった。前回のニューイヤー駅伝。4秒差ながら首位でたすきを受けた5区で、日清食品グループとトヨタ自動車に先頭争いに持ち込まれ、ラストスパート合戦で振り切られた。チームはその後も巻き返せず、3連覇を逃して2位。「私の走りが直接の敗因となった」。責任をすべて背負い込む言葉は、絶対的エースのプライドの裏返しでもある。

 日本屈指のスピードランナーだ。2013年世界選手権(モスクワ)は1万メートルで代表になり、日本勢ト…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文834文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  4. 競泳 二枚看板沈む 萩野銀、瀬戸銅 400個人メドレー
  5. 夏の高校野球 秋田県内が「金農フィーバー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです