メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上州路からリオへ

元日号砲・ニューイヤー駅伝/下 宇賀地強(28)=コニカミノルタ

前回大会、コニカミノルタの4区・設楽(左)からたすきを受ける5区の宇賀地=竹内幹撮影

リベンジ誓う絶対エース 宇賀地強(うがち・つよし)(28)

 屈辱だった。前回のニューイヤー駅伝。4秒差ながら首位でたすきを受けた5区で、日清食品グループとトヨタ自動車に先頭争いに持ち込まれ、ラストスパート合戦で振り切られた。チームはその後も巻き返せず、3連覇を逃して2位。「私の走りが直接の敗因となった」。責任をすべて背負い込む言葉は、絶対的エースのプライドの裏返しでもある。

 日本屈指のスピードランナーだ。2013年世界選手権(モスクワ)は1万メートルで代表になり、日本勢ト…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文834文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]