メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

7冠へ、歩み止めぬ井山

3度目の6冠復帰=福岡県宗像市で2015年11月25日、山下恭二撮影

 囲碁の井山裕太本因坊(26)が先月、王座と天元のタイトルを相次いで奪還し、三たび6冠の座に就いた。7大タイトルの同時制覇に向け、残るは「十段」だけ。その十段戦は、挑戦者決定トーナメントで準決勝進出を決め、あと2勝で挑戦者に名乗りを上げる。夢の実現には1月に開幕する棋聖戦の防衛が前提となるが、「異次元の強さ」で7冠ロードを突き進む井山の強さに迫る。【新土居仁昌】

この記事は有料記事です。

残り2660文字(全文2842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです