メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

救急車

エンジントラブルで遅れ 搬送の男性死亡 札幌

 札幌市消防局は29日、札幌市南区定山渓温泉のホテルから男性客が頭を負傷したと119番通報を受けたが、最寄りの出張所の救急車がエンジントラブルで出動できなかったと発表した。別の出張所から派遣したが、本来より到着が約25分遅れ、男性は搬送先の病院で死亡が確認された。消防局は「搬送の遅れと死亡との因果関係は不明」としている。

     消防局によると、死亡したのは60代男性で、浴場で倒れて頭を打った。通報は29日午前1時5分。ホテルから約1キロ先の南消防署定山渓出張所の救急車を出動させようとしたがエンジンがかからず、同9分、約15キロ離れた藤野出張所から救急車を出動させた。その後、男性の意識がないとの情報が入り、同16分、定山渓出張所から救急救命士が消防車で現場へ。救急救命士は同24分、救急車より早くホテルに着いたが、男性は心肺停止状態だった。救急車の到着は同35分だった。

     エンジントラブルのあった救急車は28日夕の始動点検では異常はなかった。消防局の万年清隆警防部長は「原因を究明し、トラブル防止に努める」とのコメントを出した。【山下智恵】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
    2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    3. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
    4. キューバ 旅客機墜落 死者は110人に
    5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]