メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大観覧車の扉開く けが人はなし

西武園ゆうえんちの大観覧車=海老名富夫撮影

 西武レクリエーションは29日、「西武園ゆうえんち」(埼玉県所沢市)の大観覧車(高さ62メートル)のゴンドラの扉が開くトラブルがあったと発表した。乗客2人にけがはなかった。

     同社によると、大観覧車は約15分で1周する。今月19日午後8時ごろに大観覧車に乗った男性客が「頂点付近から下り始めたころに扉が開き始め、20センチほど開いたので手で押さえながら下りてきた」と係員に伝えた。係員は「扉が開きそうになった」と受け止めて管理者に報告しなかった。28日に改めて男性客から問い合わせがあり、トラブルが発覚したという。設備には異常はなかった。

     同社は「係員が扉をロックし忘れた可能性がある」。「今後マニュアル徹底を強化する」としている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 傷害 ラジオ番組中に共演女性暴行 パーソナリティー逮捕
    2. ドームハウス 地震に強い…被害わずか、600人避難
    3. 憲法のいま 公布70年/10 新設論争/緊急事態条項 「震災便乗」権限乱用に警戒感 /四国
    4. 参院選 比例代表「民主」問題浮上 無効票か案分か
    5. 特殊詐欺 損害賠償求め、組トップを提訴 使用者責任問う

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]