メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症

相談場所知らない34.1%、身近に患者いない68.2% 県政世論調査 /茨城

「関心の低さ表れ、理解深める取り組み推進」

 県は、今年度の県政世論調査の結果を公表した。認知症関連の質問では、34・1%が「どこに相談したら良いか知らない」と回答。身近に患者がいるかどうかも「いない」が68・2%に上った。県は「関心の低さが表れており、理解を深めるための取り組みをしていきたい」としている。

 高齢化社会の進展などを踏まえ、認知症の質問を今回初めて設定した。知っている相談先(複数回答)は「市…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文901文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです