メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症

相談場所知らない34.1%、身近に患者いない68.2% 県政世論調査 /茨城

「関心の低さ表れ、理解深める取り組み推進」

 県は、今年度の県政世論調査の結果を公表した。認知症関連の質問では、34・1%が「どこに相談したら良いか知らない」と回答。身近に患者がいるかどうかも「いない」が68・2%に上った。県は「関心の低さが表れており、理解を深めるための取り組みをしていきたい」としている。

 高齢化社会の進展などを踏まえ、認知症の質問を今回初めて設定した。知っている相談先(複数回答)は「市…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文901文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. 地震 大阪府北部、京都府南部で震度3 津波の心配なし
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]