メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー

線路男性救おうとして死亡 映画完成へ

「夢に向かって学ぶ日本語学校生の輝く瞳は息子と同じ」というイ・スヒョンさんの両親=ミューズの里「かけはし」制作委員会提供

 JR新大久保駅(東京都新宿区)で2001年1月、線路に転落した男性を救おうとして死亡した韓国人の日本語学校生、李秀賢(イスヒョン)さん(当時26歳)の人となりや、両親に寄せられた見舞金を基にできた奨学金を受けた留学生たちの今を追ったドキュメンタリー映画が、間もなく完成する。タイトルは「かけはし」。誰でも国籍や民族を超えて心と心の懸け橋になれるという思いが込められている。

 事故後、李さんの両親には全国から見舞金が寄せられ、両親は李さんと同じように日本語学校で学ぶアジアか…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです