メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年越しも年明けも、もちろん 香川県内盛況

ひっきりなしの注文で忙しそうにうどんをゆがく田中さん=高松市林町の「田中うどん」で、伊藤遥撮影

 香川県内のうどん店は、帰省した家族連れなどで年末もにぎわっている。年越しうどんや年明けうどん用に麺を購入する客も、数多く店を訪れている様子だ。

     30日昼過ぎ、「田中うどん」(高松市林町)の駐車場には、県外ナンバーの車が多くとまり、店内は老若男女の入り交じった家族連れが大勢、席を埋めていた。

     同店では、白い麺に赤い具をのせて紅白にする「年明けうどん」を家庭でも作れるよう、半生麺を販売している。年越しうどん用に買う客も含めて、毎年20〜30食が売れるそうだ。また、1月2〜15日(8、12日は休み)の午前10時半から、「オリーブ牛と金時ニンジン」「讃岐コーチンの温卵」を使った年明けうどんをメニューに加える。毎年、1日50食は出るという。

     店主の田中貞年さん(66)は「うどん麺には、県産小麦『さぬきの夢』を100%使っている。年末年始も、香川の自然の味を楽しんでほしい」と話していた。【伊藤遥】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 舛添氏 どれが「シロ」? 政治資金問題、都議会追及へ
    2. 小学館 本の回収を要請 西原さんと高須さん共著書
    3. 橋下前大阪市長 舛添都知事問題「セコイ」 島根で講演
    4. 特集ワイド 「原点」忘れた?舛添都知事 「弱者向いた政治を」→福祉政策に疑問符 「公のために尽くす」→クリーンほど遠く
    5. ヘイトスピーチ 公園利用を全国初の不許可 対策法で規制容易に 強行の対応に限界も 川崎市 /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]