メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

普通列車が砂利に乗り上げ JR四国高徳線

側線に入って砂利に乗り上げた車両=香川県さぬき市志度のオレンジタウン駅で、2015年12月31日午後3時32分、待鳥航志撮影

 31日正午ごろ、香川県さぬき市志度のJR四国オレンジタウン駅構内で、JR高徳線の徳島発高松行き普通列車(1両)が側線に進入、砂利に乗り上げて脱線した。乗客、乗員計46人にけがはなかった。JR四国によると、男性運転士(54)が誤って赤信号で発車したため、側線に自動誘導されたが、ブレーキが間に合わず脱線したとみられる。運輸安全委員会は鉄道事故調査官2人を現場に派遣し、事故原因を調べる。

     JR四国によると、男性運転士が同駅で乗客を乗降させた後、赤信号のまま発車。現場は単線で反対側から列車が向かって来ていたが、赤信号の場合、側線(約40メートル)に自動誘導される仕組み。

     JR四国の田中善一郎運輸部長が本社(高松市)で会見し「お客様が非常に多い年末の最終日に長時間にわたりご迷惑をおかけし、本当に申し訳ございません」と陳謝。事故原因について「運転士が赤信号を見ていなかった」と説明し、理由は調査中とした。

     この事故で、約6時間にわたり、高徳線高松駅−三本松駅間で特急列車13本、志度駅−三本松駅間で普通列車18本が上下線で運転を見合わせた。約1600人(午後7時現在)に影響が出た。【伊藤遥、待鳥航志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高濃度セシウム 福島第1周辺のダム底に堆積
    2. チェック 聖地「君の名は。」現象 リアルな映像、若者を魅了 公開28日で100億円
    3. クローズアップ2016 都政に「小池カラー」次々 豊洲が改革試金石
    4. 豊洲市場 市場関係者に空洞図を提供…盛り土なし説明せず
    5. クローズアップ2016 ダム底 高濃度セシウム たまる汚染、募る不安

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]