メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黄金色の「縁起物」、今年も展示 高知

ほぼ全身が黄金色に変化したイワトコナマズ=高知県四万十市具同の四万十川学遊館「あきついお」で、真明薫撮影

 黄金色のナマズが今年も四万十川学遊館「あきついお」(四万十市具同)で展示されている。11日まで。

     琵琶湖特産のイワトコナマズを2014年7月から飼育しており、成長するにつれて黄色が濃くなった。昨年のこの時期に展示した時から体長も10センチ伸びて45センチになり、頭の一部に残っていた黒いしみも消え、ほぼ全身が黄金色に変化した。

     同館は「弁天ナマズ」と呼び「少しでも御利益を」と水槽の前に小さな鳥居とさい銭箱を設置している。【真明薫】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 婚姻 3割が再婚 晩婚化さらに進む 厚労省まとめ
    2. 剣道部顧問 竹刀で殴り、女子部員入院 千葉県教委が処分
    3. ケネディ大使 離日「とても寂しい」…成田空港で別れ
    4. 余録 「飲食を少なくして胃を養い…
    5. 山形県立高 女性教諭…実は教員免許状なし教壇32年間

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]