メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国防省「初の国産空母建造中」発表

 【北京・石原聖】中国国防省の楊宇軍(よう・うぐん)報道官は31日の定例記者会見で、初の国産空母を大連で建造中だと明らかにした。これまで地元の政府幹部らが明らかにしてきたが、国防省が認めるのは初めて。

     中国初の空母「遼寧」はウクライナから入手して改造した。楊報道官は「遼寧」の運用経験を元に「自主設計・建設している」としており、「殲(せん)15」などの艦載機を搭載するが、艦載機の発着する甲板の形状は米軍の空母などとは異なり、スキージャンプ式。動力も原子力型ではなく通常型で、いずれも「遼寧」と同じタイプとなる。総排水量は5万トン級という。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
    2. 65歳定年 一時検討 15年に政府、経済界反発で見送り
    3. 欅坂46 握手会で刃物所持 男を逮捕 千葉・幕張メッセ
    4. クローズアップ2017 「人質外交」いらだつ米 学生、解放後死亡 北朝鮮拷問か、怒り渦巻く
    5. スマホ 家計を浸食 ガラケーから移行、データ量増え 格安広がらず、16年過去最高 総務省通信料調査

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]