メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中学受験「サクラ咲く」夢見て3日間缶詰め

名進研の正月特訓教室の開校式で拳を突き上げ、「第1志望合格目指し頑張るぞ」と気合を入れる男児たち=名古屋市中村区名駅のキャッスルプラザで2015年12月31日、黒尾透撮影

 中学受験を目指す小学6年生が年末年始の3日間をホテルに籠もって猛勉強する「正月特訓教室」が31日、名古屋市の二つのホテルで始まった。進学塾「名進研」の主催で、今回で32回目。

     愛知と岐阜の両県から男児286人、女児246人が参加した。男児は名古屋駅前の「キャッスルプラザ」で、「必勝」の鉢巻き姿で拳を突き上げて気合を入れ、国語のテストからスタートした。

     愛知県豊田市の関泰行さん(12)は「自信を持って受験に臨めるよう頑張る」と決意も新たに。名駅前の新年ムードをシャットアウトした空間で、サクラ咲く春を夢見て難題に挑戦していた。【黒尾透】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    2. ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー
    3. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演
    4. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
    5. 八代市役所 外壁に落書きの47歳男再逮捕 熊本県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]