メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「多くの人々が先の戦争に思いを致した1年」

新年を迎える天皇ご一家=御所・応接室で、宮内庁提供

 天皇陛下は宮内庁を通じて、2016年の年頭に当たっての感想を出された。戦後70年の昨年を「多くの人々が先の戦争に思いを致した1年」と振り返った。

     発生から5年を迎える東日本大震災について、津波や原発事故の被害で地域に戻れない人々や仮設住宅で暮らす人々を案じ、「寒さの厳しい冬を健康に十分気を付けて過ごされるよう、そして、被災地域の復興が少しでもはかどるよう、願っています」と記した。

     日本が自然災害を受けやすい環境にあることにも触れ、「日本人一人ひとりが防災の心を培うとともに、お互いが気を付け合って、身を守る努力を続けられることを心より希望しています」とした。

     天皇、皇后両陛下は1月下旬、友好と親善を目的にフィリピンを公式訪問する。同国では50万人以上の日本人戦死者が出ており、慰霊碑を訪れる。さらに3月に福島県と宮城県への訪問、4月に神武天皇2600年式年祭で奈良県への訪問などが検討されている。

     秋篠宮家の長女眞子さまは修士の学位授与式出席のため、1月下旬の渡英が検討されている。

     両陛下はじめ皇族方は元日の祝賀行事に出席する。2日は一般参賀で皇居・宮殿ベランダに立つ。午前9時半から午後2時10分まで皇居・正門(二重橋)から入れる。【大久保和夫】

    2016年の年頭にあたり天皇陛下が公表された感想

     昨年は戦後七十年という年に当たり、多くの人々が先の戦争に思いを致した一年でした。新年を迎え、改めて国と人々の平安を祈念します。

     東日本大震災から間もなく五年を迎えようとしています。未(いま)だそれまで住んでいた地域に戻れずにいる人々や、仮設住宅で苦労の多い生活を送っている人々があることが案じられ、こうした人々が寒さの厳しい冬を健康に十分気を付けて過ごされるよう、そして、被災地域の復興が少しでもはかどるよう、願っています。

     私どもの住む日本は誠に美しい自然に恵まれる一方、自然災害を受けやすい環境にあり、今年も日本人一人ひとりが防災の心を培うとともに、お互いが気を付け合って、身を守る努力を続けられることを心より希望しています。

     本年が日本と世界の人々にとって幸せな年になることを祈ります。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア投資銀 「顧問」就任、鳩山元首相に打診
    2. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
    3. スイカロードレース 熱中症で男性重体…千葉・富里
    4. 共産・藤野氏 「人を殺す予算」と発言、取り消す
    5. 選択の現場 2016参院選 愛媛選挙区 TPP、揺れるみかん県

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]