メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青学大が往路優勝 2年連続2回目

 第92回東京箱根間往復大学駅伝競走は2日、東京・大手町−神奈川・箱根町の往路5区間107.5キロに21チーム(オープン参加の関東学生連合を含む)が参加して行われ、前回総合優勝の青学大が5時間25分55秒で2年連続2回目の往路優勝を果たした。2005年の東海大以来、11年ぶりに1区からトップを譲らない往路制覇を達成した。

 2位には昨年11月の全日本大学駅伝との2冠を狙う東洋大3分4秒差で続いた。2区の服部勇が区間賞の快走を見せた。3位は1区13位の出遅れから巻き返した駒大。4位は2区でニャイロが7人抜きした山梨学院大が入った。

 3日は復路5区間109.6キロを行う。(スタート時の気象条件=晴れ、気温5.0度、湿度56%、西の風0.5メートル)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TOKIO 山口達也が“最高ランク”の絶滅危惧種発見 「鉄腕DASH」2時間SP
  2. ことば 医療保険制度改革(オバマケア)
  3. 許さない 性暴力の現場で/1 男性被害者 信じてもらえぬ苦しみ /群馬
  4. 米大統領 「心配いらない」オバマ氏、行方に楽観的
  5. 性暴力の現場で 兄から虐待 親の反対で被害訴えず 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]