メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

申年に猿の「サル」完成 淡路島モンキーセンター

約150頭の猿が集まって完成した「サル文字」=兵庫県洲本市の「淡路島モンキーセンター」で2016年1月1日正午すぎ、登口修撮影

 兵庫県洲本市にある「淡路島モンキーセンター」で1日、約150頭の猿が今年のえとの「申(さる)」にちなんで「サル」の形に並び、集まった観光客を沸かせた。

 センターは有料の施設で、近くの山に生息する野生の猿を餌付けし、触れ合いながら見学できるようになっている。元日のこの日正午すぎから、延原利和センター長(61)が餌の麦を入れたバケツを持って餌場に向かい、「サル」の字の形に沿って数回まくと、近くにいた猿が肩を寄せ合うように群がり、あっという間に「猿文字」が完成した。

 申年とあって、家族連れの観光客が大勢、見学に訪れた。めったに見ることができない光景を撮影し、「記念になります」と大喜びしていた。2、3日も昼頃に披露する予定。【登口修】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不正アクセス容疑 17歳、成績管理システムに侵入
  2. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
  3. 共産・藤野氏 「人を殺す予算」と発言、取り消す
  4. 特集ワイド あの前都知事と大違い、惜しまれ引退クリーン村長 本州で人口最少、信号機もない和歌山県北山村
  5. 第2パナマ運河 「第1」に並行し開通…日本、多大な恩恵

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]