メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

真ん中にお湯を注ぐ…

 真ん中にお湯を注ぐ。10円玉くらいの大きさの円を作るように「の」の字を書く。続けて500円玉くらいの大きさになるまで注ぐ。できるだけポットの先を近づける。注ぐというより、お湯を置く感じで▲「コーヒーの絵本」(ミルブックス)から抜粋した。文章を担当した庄野雄治(しょうのゆうじ)さん(46)が故郷の徳島でコーヒー焙煎(ばいせん)店「アアルトコーヒー」を始めて今年で10年となる。昨年末、庄野さんが講師を務める「コーヒーのいれ方教室」が東京であった▲豆をミルでひくところから始め、紙のフィルターを使ってドリップする。「水道水でも大丈夫」と庄野さんは言う。砂糖もミルクも入れないブラックがいい、なんてことはなく、自分の好きな飲み方をするのが一番と聞き、舌に自信のない者としては安心した▲東京・新宿シネマカリテで上映中の米映画「ア・フィルム・アバウト・コーヒー」は一杯のコーヒーをめぐる作品だ。糸井重里(いといしげさと)さんらが通った「大坊(だいぼう)珈琲店」(2013年12月閉店)をはじめ東京の喫茶店も登場する。お湯の注ぎ方に細心の注意を払う日本のコーヒー文化への敬意がにじむ▲店舗数こそ1981年をピークに減少を続けているものの国内のコーヒー消費量は3年連続で過去最高を記録している。業界団体は「ドリップ男子」と名付けたキャンペーンを仕掛け、コーヒーをいれる男子はカッコイイというメッセージを発信中だ▲コーヒーは日々の生活に欠かせないものではない。コンビニのコーヒーも侮れない。だが、休日の朝、豆をひき、一滴ずつ抽出した一杯を口にする幸せ。手間ひまかけることをいとわない1年にしたい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
    2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
    5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです