メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4日召集 軽減税率法案が焦点に

想定される国会日程

 第190通常国会が4日、召集される。国会法改正で「1月召集」となった1992年以降、最も早い開会となる。2015年度補正予算案や16年度予算案に加え、軽減税率導入のための税制関連法案などが焦点となる。延長がなければ会期は6月1日までの150日間。ただ、5月末の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)や7月の参院選を控えており、事実上、「5月の大型連休ごろまでの短期決戦」(自民国対幹部)となる見通しだ。

     開会日の4日には衆参両院で安倍晋三首相が外交報告、麻生太郎副総理兼財務相が15年度補正予算案に関する財政演説を行う。政府・与党は補正予算案を1月中旬までに成立させ、下旬には16年度予算案を提出し、年度内の成立を目指す。補正予算案については、低所得の高齢者らに1人3万円を配る臨時給付金が計上されていることから、民主党や維新の党が「選挙前の合法的な買収だ」と反発。バラマキ批判は自民党内にもくすぶっており、激しい論戦が予想される。【高橋克哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 木村太郎さん52歳=衆院議員
    2. 加計計画 首相「答弁の整理不十分」 1月の把握を強調
    3. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
    4. 日野原重明さん死去 「自然体の生」全う 延命措置拒む
    5. 前川前次官 和泉補佐官との会談日時を訂正

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]