メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慰安婦合意実現、不退転の決意で…街頭演説

 公明党の山口那津男代表は2日、東京都の新宿駅前で街頭演説した。慰安婦問題の最終決着に向けた日韓両政府の合意について「画期的な合意」とした上で、「両国が不退転の決意でこれを実現していかなければならない」と強調。韓国が設立する財団に日本政府が10億円拠出することについて「日本は慰安婦問題で女性の皆さんに多大な苦痛(を与え)、名誉と尊厳を傷つけるような行いをしたことを深く反省し、安倍(晋三)首相自らおわびと反省の心を示した」と説明。日本が今年、日中韓首脳会談の議長国となることを踏まえ「日中韓の関係を逆戻りさせない、揺るがぬ関係へと仕上げていかなければならない」と語った。【横田愛】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原殺傷 衆院議長宛て手紙 全文
    2. 相模原殺傷 出頭直前に投稿か ツイッターにほほ笑む写真
    3. 相模原殺傷 容疑者、施設近くに1人暮らし
    4. 相模原殺傷 「殺害」口走る容疑者 注意しても聞き入れず
    5. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]