メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平和の敵は無関心」…年始に連帯呼びかけ

 【ローマ福島良典】フランシスコ・ローマ法王は1日、年始にあたり、バチカンでキリスト教カトリックの信徒らに「平和の敵は戦争だけではない。無関心も敵だ」と述べ、世界各地で続く内戦や紛争の解決に向けて人々が連帯を深めるよう呼びかけた。

     法王はサンピエトロ広場で開いた祈りの集いで「自分のことしか考えず、(他者に対する)壁や恐怖を生み出し、心を閉ざす無関心が平和の敵だ」と指摘。サンピエトロ大聖堂での新年ミサでは、戦争を逃れた難民らの苦境に触れ、「より正しく、兄弟愛に満ちた世界」の建設を訴えた。

     ミサでは日本の「東京少年少女合唱隊」を含む各国代表の合唱団員計約6000人が聖歌を披露した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    2. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
    3. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
    4. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
    5. もう二度と 相模原殺傷事件1年 「地域と一緒」願う やまゆり園入所者、家族

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]