メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小さな里に大きな宝

/3 南部町内船地区 住民団結し「地歌舞伎」 警察署員や中学生も参加 /山梨

内船歌舞伎の演目「弁天小僧 浜松屋」より=南部町内船の町文化ホールで

 2015年12月6日、南部町内船にある町文化ホールで、年に1度の「内船(うつぶな)歌舞伎」の公演が終わった。舞台に幕が下りると、会場に拍手が響いた。江戸時代から200年以上、地元住民を中心に引き継がれてきた。「今年も素晴らしい歌舞伎が盛大にできてとてもうれしい。また1年、守り継げる」と、保存会の山本接三会長(73)はほっとした表情を見せた。

 江戸時代、身延山久遠寺に参詣した帰りの旅芸人が伝承したといわれる。役者も裏方も地元住民主体に担う「…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1243文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです