メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小さな里に大きな宝

/3 南部町内船地区 住民団結し「地歌舞伎」 警察署員や中学生も参加 /山梨

内船歌舞伎の演目「弁天小僧 浜松屋」より=南部町内船の町文化ホールで

 2015年12月6日、南部町内船にある町文化ホールで、年に1度の「内船(うつぶな)歌舞伎」の公演が終わった。舞台に幕が下りると、会場に拍手が響いた。江戸時代から200年以上、地元住民を中心に引き継がれてきた。「今年も素晴らしい歌舞伎が盛大にできてとてもうれしい。また1年、守り継げる」と、保存会の山本接三会長(73)はほっとした表情を見せた。

 江戸時代、身延山久遠寺に参詣した帰りの旅芸人が伝承したといわれる。役者も裏方も地元住民主体に担う「…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1243文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです