メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王国の軌跡

静岡蹴球物語/3 清水の礎築いた堀田さんの指導 選手育成の制度確立 /静岡

 「こっちだ、パス!」。本格的に冷え込み始めた昨年12月1日夕、静岡市清水区の長崎新田スポーツ広場に、清水エスパルスU12(ジュニア)に所属する小学4年生約10人が元気にボールを追いかけていた。「てきぱき動け。試合ではそんな時間ないぞ」。総監督の山下芳紀さん(47)の指導にも熱がこもる。

 同年4月から他のJリーグチームに遅ればせながら、ようやく設立したエスパルスのジュニアチーム。平日週2回の練習と、週末の試合が主なプログラムだ。ここで育った子供たちが、1993年のJリーグ開幕以来初のJ2降格と低迷にあえぐ清水エスパルスを支える選手になることを山下さんは夢見る。

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1402文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです