メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本最古のミカン

樹齢859年の老木 銀座で販売も

銀座千疋屋・銀座本店の店先に並んだ津久見の尾崎小ミカン

 大分県津久見市上青江のなだらかな山の斜面に、今年で樹齢859年の老木がある。現存する柑橘(かんきつ)類の木としては日本最古の「小(こ)ミカン」だ。かつて暴風雨などで何度も枯れかかったが、その度に驚異的な生命力で回復し、今も所有者らが我が子のように見守る。東京・銀座の高級果物店では長寿や子孫繁栄の縁起物として根強い人気を誇っている。【西嶋正法】

 小ミカンは現在、高さ数メートルの11株が残り、地元の字の名から「尾崎の先祖木(せんぞぼく)」の愛称…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1075文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです