メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論説の目

難民6000万人時代の覚悟を=大木俊治

 紛争などで国外に逃れた難民や国内避難民の総数が、昨年末までに世界全体で6000万人を超えた。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の推計だ。出身国は内戦下のシリアが最多で、次いでアフガニスタン、ソマリアなど。「第二次世界大戦以来の人道危機」だという。この進行を食い止めるために何ができるか。世界の覚悟が問われている。

 「駅のいたるところで、ホームでも切符売り場でも、人びとが死にかけていた(中略)多いときで1日に2万…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1172文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
  4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです