メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手話で観光客おもてなし…条例制定へ

 観光客でにぎわう京都市が、聴覚障害のある観光客へのおもてなしを想定した「手話言語条例」(仮称)を近く制定する。手話に関する条例は少なくとも32自治体で制定されているが、観光客を対象に含めたものは珍しいという。2月市議会で全会派が賛同して成立する見通しで、市は観光手話ガイドの育成や、国際手話通訳の普及など具体策を検討する。

     現段階の条例素案によると、2006年に国連で採択された障害者権利条約で「手話は言語」と明記されたことを受け、「おもてなしの心を持ち、観光客を含むすべての人が心通じ合うまちを目指す」と理念を規定。観光客が安心して滞在できるよう、市が必要な施策を推進することや、市民や事業者も観光客向けのサービスに努めることを定めている。

     全日本ろうあ連盟によると、手話を使う聴覚障害者は全国に約6万人。【土本匡孝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. レゴランド 人気も料金も高く…開業1カ月で見えた課題
    2. 首相 大丈夫?答弁の解釈、辞書になく…言葉の粗雑さ露呈
    3. 社説 深刻さ増す人手不足 政府の危機感が足りない
    4. アクセス 大丈夫?首相の言葉 「そもそも=基本的に」辞書になし 訂正でんでん、私は立法府の長…粗雑さ露呈
    5. 有田陶器市 4キロに500店舗 401年目の熱気 佐賀

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]