メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運転手を書類送検…三重県警

 三重県四日市市の東名阪自動車道で昨年7月に大型バスがダンプカーに追突し、バスの乗客ら24人が重軽傷を負った事故で、同県警は5日、バスの男性運転手(51)=岡山市北区=を自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで津地検に書類送検した。送検容疑は昨年7月14日午前3時15分ごろ、四日市市堂ケ山町の東名阪自動車道下り線でバスを運転中、ダンプカーに追突し、24人に重軽傷を負わせたとしている。

     運転手は県警の調べに対し「車線変更しようとした際に、追い越し車線に気を取られて追突した」などと話していた。

     バスは岡山県倉敷市の会社が運行していたが、県警は過労運転にはあたらないとして同社の立件は見送った。【井口慎太郎、山本萌】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
    2. 福井・中2自殺 別の生徒が不登校 同じ副担任が指導
    3. 万引き 「自分の金使いたくない」福岡県職員を現行犯逮捕
    4. 福井・中2自殺 母親「教師のいじめ」 学校への不信感も
    5. 中国道事故 タイヤ落下の車の運転手を任意聴取 岡山県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]