メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東名阪バス事故

運転手を書類送検…三重県警

 三重県四日市市の東名阪自動車道で昨年7月に大型バスがダンプカーに追突し、バスの乗客ら24人が重軽傷を負った事故で、同県警は5日、バスの男性運転手(51)=岡山市北区=を自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで津地検に書類送検した。送検容疑は昨年7月14日午前3時15分ごろ、四日市市堂ケ山町の東名阪自動車道下り線でバスを運転中、ダンプカーに追突し、24人に重軽傷を負わせたとしている。

     運転手は県警の調べに対し「車線変更しようとした際に、追い越し車線に気を取られて追突した」などと話していた。

     バスは岡山県倉敷市の会社が運行していたが、県警は過労運転にはあたらないとして同社の立件は見送った。【井口慎太郎、山本萌】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
    2. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    5. ボクシング 井岡、引退の可能性浮上 背景に父子関係こじれ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]