メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松阪は17.7度、岐阜神岡町16.1度に

 東海地方は4日、高気圧に覆われておおむね晴れたことから、各地で気温が上がり、最高気温が3月中旬〜4月中旬並みのぽかぽか陽気となった。名古屋市内の繁華街では午後、コートなどの上着を脱いで歩く会社員らの姿が見られた。

     気象庁によると最高気温は、愛知県常滑市セントレア15.7度▽三重県松阪市17.7度▽岐阜県飛騨市神岡町16.1度−−などと、5地点で1月の観測史上最高を記録した。5日も高気圧に覆われるが、昼ごろから曇る。週末ごろには最高気温・最低気温ともに平年並みに下がりそうだ。【花岡洋二】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相田翔子 23年ぶりにセルフカバー 競馬場で生歌披露
    2. 相模原市 樹齢100年のヒノキ2万6000本消える
    3. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
    4. 炭鉱遺産 求む!引き取り手…移転先、置き場なく 九州大
    5. バニラ・エア 車椅子客、自力でタラップ上る…昇降機なく

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]