メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観覧席の自民区議発言「建築板金業」と紹介

 テレビ朝日系で1日未明に放送された討論番組「朝まで生テレビ!」で、観覧席にいた自民党の東京都大田区議が「建築板金業」の肩書だけでアベノミクスの効果について発言していた。テレ朝は4日、「説明不足となり、申し訳なく思っている」と謝罪するコメントを出した。

     発言したのは、大森昭彦区議(63)。この日は「激論!安倍政治〜国民の選択と覚悟〜」とのテーマで議論。その中で、司会の田原総一朗氏から「アベノミクスは評価できないか」と聞かれ「我々の業界だけで言うと、あまり効果的には伝わっていない印象」と述べた。その後、改めて田原氏から景気の現状について「民主党政権、自民党政権でも同じか」と尋ねられると、「民主党政権の時よりはいい」と発言した。発言の際に肩書と氏名が字幕で表示されたが、肩書は「建築板金業」だけだった。

     テレ朝広報部によると、自民党区議であることはごく一部のスタッフだけが把握し、番組プロデューサーや田原氏には伝わっていなかったという。テレ朝広報部は「番組内で情報共有できず、区議でもあることを紹介できなかった」としている。【丸山進】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 事故 ダムに車転落、5人死亡…バーベキュー帰り 大阪
    2. 京大病院 「ドカーンと大きな音」実験室出火、放射線検出
    3. 石田三成重臣 「猛将」嶋左近の書状2通 大阪で見つかる
    4. 自動ブレーキ ベビーカーに装着 中学生の発明が特許
    5. 水難事故 水上バイク突っ込む ゴムボートの男児2人死亡 岐阜・木曽川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]