メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野生復帰10年 青森から沖縄まで飛来

 国の特別天然記念物コウノトリの野生復帰を目指し、人工飼育された5羽が兵庫県豊岡市で初めて放鳥されてから10年。野生化したコウノトリが目撃、確認された自治体は、北は青森県から南は沖縄県まで全国368市町村に広がっていることが、毎日新聞の調べで明らかになった。

沖縄県に渡ったコウノトリ=県立コウノトリの郷公園提供(撮影・山城正邦さん)

 豊岡市の県立コウノトリの郷公園で、世界初の試験放鳥が行われたのは2005年9月のこと。その後、同市や隣接市町では毎年、繁殖・巣立ちが見られるまでに定着し、同公園生まれとその子孫の野外コウノトリは15年12月9日現在で78羽に上る。この間、飛来情報の多くは近畿地方や新潟以西の日本海側や瀬戸内沿岸などが中心だったが、15年7月に千葉県野田市で3羽、同10月に福井県越前市で2羽が放鳥されると目撃範囲は一気に拡大。それまで“空白地帯”だった東京都や福島県にも飛来が確認されるようになった。

稲刈りの終わった宮城県美里町南郷地区の農地に降りたコウノトリ「げんきくん」=2015年10月20日撮影、美里町提供

 福井育ちの1歳雄「げんきくん」は11月16~17日に東京都大田区に、野田の幼鳥雌「未来(みき)ちゃん」は9月24日~10月2日に福島県いわき市に、同じく野田の幼鳥雄「翔くん」は10月5~6日に東京都大島町に滞在していたことが、GPS(全地球測位システム)の位置情報で分かっている。また、12月19日には豊岡で巣立ちした幼鳥雌が、放鳥・野外繁殖コウノトリとしては初めて沖縄県に渡り、那覇市で確認された。

 放鳥した自治体などには全国各地から、「来てくれてありがとう」「長くいてもらえるといいな」など歓迎するメールや電話が舞い込んでおり、福井県安全環境部自然環境課の多田雅充さんは「人間以上に親善大使の役目を果たしている」と“コウノトリ効果”に目を見張る。江戸時代までは東北地方から九州まで生息し、「松上の鶴」「瑞鳥(ずいちょう)」と尊ばれたコウノトリは、次はどの街に「幸せ」を運ぶのだろうか。

コウノトリ飛来が確認された自治体

(2016年1月4日現在、毎日新聞調べ。○は兵庫県豊岡市からの飛来を足輪で確認、△は千葉県野田市からの飛来をGPS観測、※は福井県越前市からの飛来をGPS観測)

北海道 なし

青森 ○弘前市、○三沢市、○つがる市、○平内町、○鶴田町、○佐井村

岩手 ○陸前高田市

宮城 △※仙台市、※石巻市、△白石市、△※名取市、※岩沼市、○△登米市、※栗原市、※東松島市、○△※大崎市、○丸森町、※山元町、※松島町、※大和町、※涌谷町、※美里町

秋田 なし

山形 なし

福島 ※福島市、※郡山市、△※いわき市、△白河市、※相馬市、※大玉村、※只見町、※南会津町、△猪苗代町、※玉川村、※楢葉町

茨城 ※水戸市、※日立市、※土浦市、※石岡市、△常総市、○笠間市、△守谷市、○常陸大宮市、△坂東市、○△神栖市、△行方市、△※茨城町、※東海村

栃木 △足利市

群馬 ○安中市 △邑楽町

埼玉 ○加須市、※本庄市、※久喜市、※日高市、※小鹿野町

千葉 ○木更津市、※松戸市、△野田市、△旭市、△勝浦市、○袖ケ浦市、○いすみ市、○多古町

東京 ※大田区、※調布市、△大島町

神奈川 ○横浜市、△相模原市、△平塚市、○藤沢市、△南足柄市

新潟 ○新潟市、○長岡市、○※柏崎市、○新発田市、○※上越市、○阿賀野市、※魚沼市

富山 △※富山市、○高岡市、○※魚津市、※氷見市、※滑川市、○黒部市、○南砺市、○射水市、○※入善町、※朝日町、

石川 ○△※七尾市、※輪島市、○△珠洲市、○加賀市、※羽咋市、※白山市、※津幡町、○※志賀町、○※宝達志水町、○穴水町、○能登町

福井 ○福井市、○※敦賀市、○※小浜市、○大野市、○鯖江市、○あわら市、○※越前市、○※坂井市、○※南越前町、○越前町、○△美浜町、○※高浜町、○おおい町、○若狭町

山梨 ○大月市、○南アルプス市、○北杜市、○△上野原市

長野 ○上田市、○飯田市、○大町市、○安曇野市、△箕輪町、○中川村、○白馬村、○坂城町

岐阜 ○※岐阜市、○大垣市、※高山市、※関市、※美濃市、○恵那市、※美濃加茂市、※可児市、○※山県市、※郡上市、○下呂市、○養老町、○垂井町、○関ケ原町、○揖斐川町

静岡 ○静岡市、△伊東市、△富士市、○磐田市、○焼津市、○掛川市、○藤枝市、○下田市、○湖西市、○牧之原市、○南伊豆町

愛知 ○豊橋市、○一宮市、※春日井市、○碧南市、○豊田市、※常滑市、○※江南市、○※小牧市、○知多市、○△田原市、※南知多町、※美浜町、○武豊町、○幸田町

三重 ○津市、△四日市市、○△松阪市、○桑名市、○鳥羽市、△志摩市、○明和町、○※紀宝町

滋賀 ○大津市、○彦根市、○長浜市、○草津市、○近江八幡市、○守山市、△野洲市、○※高島市、○※東近江市、○※米原市、○日野町、○愛荘町

京都 ○京都市、○福知山市、○※舞鶴市、○綾部市、○宇治市、○亀岡市、○京田辺市、○京丹後市、○南丹市、○伊根町、○与謝野町

大阪 ○大阪市、○堺市、○岸和田市、○貝塚市、○枚方市、○和泉市、○大阪狭山市、○阪南市

兵庫 ○神戸市、○△姫路市、○明石市、○西宮市、△洲本市、○※豊岡市、○加古川市、○赤穂市、○西脇市、○高砂市、○小野市、○三田市、○△加西市、○篠山市、○養父市、○丹波市、○南あわじ市、○朝来市、○淡路市、○宍粟市、○加東市、○たつの市、○猪名川町、○多可町、○市川町、○福崎町、○神河町、○太子町、○上郡町、○佐用町、○香美町、○新温泉町

奈良 ○奈良市、※宇陀市、○安堵町、※東吉野村

和歌山 ○和歌山市、○海南市、○御坊市、○新宮市、○紀の川市、○岩出市、○日高町、○みなべ町、○那智勝浦町、○古座川町、※北山村、○串本町

鳥取 ○※鳥取市、○米子市、○倉吉市、※岩美町、○八頭町、○※琴浦町、○北栄町、○大山町、○南部町、(○西伯郡)

島根 ○松江市、○浜田市、○※出雲市、○※益田市、○※大田市、○安来市、※江津市、○雲南市、○奥出雲町、○川本町、○隠岐の島町

岡山 ○岡山市、○△倉敷市、△玉野市、○総社市、○瀬戸内市、○浅口市、○和気町、○△矢掛町、○鏡野町

広島 ○三原市、○福山市、○庄原市、○東広島市

山口 ○※下関市、○宇部市、○山口市、○萩市、○光市、○長門市、○周南市、○山陽小野田市、○田布施町

徳島 ○徳島市、○鳴門市、○小松島市、○阿南市、△阿波市、○美波町

香川 ○丸亀市、○善通寺市、○東かがわ市、○三豊市、○宇多津町、○まんのう町

愛媛 ○松山市、○今治市、○新居浜市、○西条市、○大洲市、○西予市

高知 ○△高知市、○△南国市、○宿毛市、△安田町、○△大月町、○四万十町

福岡 ○※福岡市、○大牟田市、○筑後市、○行橋市、○小郡市、○※糸島市、○筑前町、○苅田町

佐賀 ○佐賀市、○唐津市、○伊万里市、○小城市、○白石町

長崎 ○※佐世保市、○※平戸市、○対馬市、○壱岐市、○雲仙市、※五島市、○小値賀町、※新上五島町

熊本 ○熊本市、○八代市、○荒尾市、○玉名市、○宇土市、○阿蘇市、○長洲町、○西原村、○湯前町、(○玉名郡)

大分 ○大分市、○中津市、○佐伯市、○臼杵市、○杵築市、○宇佐市、○豊後大野市、○国東市

宮崎 ○宮崎市、○延岡市

鹿児島 ○出水市、○いちき串木野市、○南さつま市、○奄美市、○南大隅町、○肝付町、○瀬戸内町、○龍郷町、○喜界町、○天城町、(○大島郡)

沖縄 ○那覇市

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市川由衣 第1子男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
  2. 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載
  3. 万里の長城 コンクリ?で補修、国内で批判の声
  4. 豊洲・地下水 「安全性問題ない」専門家会議座長が見解
  5. 地震 奄美南部で震度5弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]