メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

『幻花』挿絵原画展

横尾忠則「小説題材に実験」 作者・瀬戸内寂聴と語る

『幻花』の挿絵について語る(右から)横尾忠則、瀬戸内寂聴、浅田彰=神戸市灘区の横尾忠則現代美術館で、清水有香撮影

 「イラストレーションの総決算をしよう」。横尾忠則(79)は約40年前、新聞連載小説『幻花』の挿絵を作者の瀬戸内寂聴(93)に依頼され、こう思ったそうだ。挿絵の原画展「幻花幻想幻画譚(たん)」が開かれている横尾忠則現代美術館(神戸市灘区)のトークイベントに、長年親交のある2人が登場。批評家の浅田彰(58)を交え、創作当時の思いや裏話を語り合った。

 『幻花』は1974〜75年、東京新聞に連載された時代小説。室町時代後期の京都を舞台に、八代将軍足利…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文906文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです