メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1966TOKYO・2016そして未来へ

/4 路面電車に再び光 「LRT」まちづくりの主役に /東京

都庁が丸の内にあった時代の「都庁前」停留場の電停看板前に立つ古川靖男さん。「これを見ると今でも都電のころを思い出します」。看板は、都営大江戸線都庁前駅に展示されている

都電の営業距離 66年、346キロ→16年、12.2キロ ※66年は1月末時点

 「時代の流れの中で路面電車は次第に過去のものとなっている」。淡々としたナレーションと共に、飾り付けられた電車が走り去る。車体には「永い間ご愛用ありがとうございました」の横断幕−−。記録映画「東京1966年」のワンシーンだ。板橋区などを走った都電41系統(巣鴨車庫前−志村橋)の最終運行日、同年5月28日撮影とみられる。元都電運転士の古川靖男さん(75)は「窓の中央に車掌がいます。後ろからの映像ですね」と懐かしそうな顔をした。

この記事は有料記事です。

残り1135文字(全文1388文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです