メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそNARAへ

/1 心つかむ、おもてなし 「英語メニューあり」店先にステッカー 奈良中心市街 /奈良

英語メニューのステッカーを企画した花村さん(右)と、ステッカーを店頭に張ったウナギ店の森本さん=奈良市で

外国人入りやすく

 世界遺産の春日大社、東大寺など多くの観光資源を持つ奈良市。中でも交通や宿泊の拠点となるJR・近鉄奈良駅付近の飲食街には、外国人観光客の来訪も多い。

 「English Menu AVAILABLE(英語のメニューあり)」。スプーンとフォーク、そして鹿のシルエットがあしらわれたステッカーが店先に張られている。デザインはシンプルで、和洋幅広い飲食店が使えるよう、派手過ぎない赤茶色だ。

 ステッカーを作ったのは、地元自治会や商業者などでつくる街づくり団体「奈良市中心市街地活性化協議会」…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1279文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです