メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テロと欧州

/5止 バチカン、宗教戦争懸念 対IS、国際社会介入促す

シリアでISに拘束されていた日々を報道陣に語るジャック・ムラド神父=ローマで2015年12月10日

 「キリスト教徒のお前は不信心者だ。イスラム教に改宗するか、さもなくば頭を切り落とす」

 キリスト教カトリックのシリア人神父、ジャック・ムラド氏(68)は昨年5月、過激派組織「イスラム国」(IS)にシリア中部ホムス近郊の村カリヤタンの修道院から拉致され、棄教を迫られた。

 ISの「首都」と呼ばれるシリア北部の拠点ラッカで幽閉され、カリヤタンの信徒や国内避難民らキリスト教徒約250人も連行された。10月にカリヤタンがISから解放されるまでに8人の信徒が命を落とした。

 ムラド神父は「シリアのキリスト教徒がIS支配下に生きるのは不可能だ」と語る。

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1013文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]