メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

「喪失と再起の物語」

 政治学者の丸山真男は日本人について「たえず外を向いてきょろきょろして新しいものを外なる世界に求め」ると形容した。海外の評価や日本人論をことさら気にするという意味にもなろうが、丸山の言葉を引用しながら「私たちはどれほどすぐれた日本文化論を読んでも、すぐに忘れて、次の日本文化論に飛びついてしまう」と内田樹・神戸女学院大名誉教授は指摘する(「日本辺境論」新潮新書)。

 つまり日本文化とは「どこかに原点や祖型があるわけではなく、『日本文化とは何か』というエンドレスの問…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1172文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  2. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  3. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 名古屋城復元 工期遅れ決定的に 有識者会議、解体方法を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです