メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府声明「堂々とした水素爆弾保有国になった」

 北朝鮮は政府声明で「堂々とした水素爆弾保有国になり、核抑止力を持つことになった」と発表。「責任ある核保有国として、敵対勢力が我々の自主権を侵害しない限り(他国より)先に核兵器を使用することはない」と発表した。

     朝鮮中央通信によると、金第1書記が昨年12月15日に初の水爆実験の実施を命令し、今月3日に「最終命令書」にサインしたという。

    水素爆弾

     放射性核物質のウランやプルトニウムの核分裂の連鎖反応でエネルギーを発生させる原子爆弾に対し、水素など軽い原子核を融合させる核融合反応によって、広島・長崎級の原爆の数百倍のエネルギーを発生させることができる。水素と陽子の数が同じ同位体の重水素や三重水素(トリチウム)を高温・高圧で融合させるが、技術的に原爆より製造が難しい。1954年に米国が太平洋マーシャル諸島のビキニ環礁で水爆実験を行い、日本の漁船「第五福竜丸」の船員が被ばくし、被害を受けたことで知られる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ新大統領 TPPから離脱を正式表明
    2. 許さない 性暴力の現場で/1 男性被害者 信じてもらえぬ苦しみ /群馬
    3. 米大統領就任式 「米国第一主義」強調 トランプ氏演説
    4. 米大統領就任式 トランプ新大統領「イスラム過激派を地上から根絶」 就任演説全文
    5. 面会交流 面会拒否に1回100万円 東京家裁が間接強制

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]