メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代の書

新春展が開幕 東京・銀座

 「2016 現代の書 新春展−−今いきづく墨の華」(主催・毎日新聞社、毎日書道会)が5日、東京・銀座の和光ホールとセントラルミュージアム銀座で開幕した。11日まで。入場無料。

     「現代の書」の最先端の作品が出品される日本最高水準の書展。今日性と芸術性を求めて02年に始まり、今回が15回目。新春の銀座に「書の華」が咲き誇る恒例の催しとして定着した。

     和光会場は毎日書道展の幹部書人による28人展。稲村雲洞さん、中野北溟さん、小山やす子さん、關正人さん、石飛博光さんらによる風格ある作品が並んだ。一方、セントラル会場は65歳以上の毎日書道展審査会員から選ばれた100人のチャレンジ精神あふれる作品を堪能できる。

     また、「2016毎日チャリティー書展」が同期間中、東京銀座画廊・美術館で併催している。売上金の一部が毎日新聞東京社会事業団に寄託される。【桐山正寿】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 伊ベネチア 日本人ぼったくり被害 レストランで学生4人
    2. 気象庁 東日本で大雪の恐れ 都心降雪、交通機関に影響も
    3. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
    4. 99.9シーズン2 松潤主演ドラマ第2話視聴率は18.0%と大躍進! 冬ドラマ暫定首位に
    5. 猫からの感染症 16年国内初の死亡例 福岡の60代女性

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]