メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新春展が開幕 東京・銀座

 「2016 現代の書 新春展−−今いきづく墨の華」(主催・毎日新聞社、毎日書道会)が5日、東京・銀座の和光ホールとセントラルミュージアム銀座で開幕した。11日まで。入場無料。

     「現代の書」の最先端の作品が出品される日本最高水準の書展。今日性と芸術性を求めて02年に始まり、今回が15回目。新春の銀座に「書の華」が咲き誇る恒例の催しとして定着した。

     和光会場は毎日書道展の幹部書人による28人展。稲村雲洞さん、中野北溟さん、小山やす子さん、關正人さん、石飛博光さんらによる風格ある作品が並んだ。一方、セントラル会場は65歳以上の毎日書道展審査会員から選ばれた100人のチャレンジ精神あふれる作品を堪能できる。

     また、「2016毎日チャリティー書展」が同期間中、東京銀座画廊・美術館で併催している。売上金の一部が毎日新聞東京社会事業団に寄託される。【桐山正寿】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. G7 トランプ夫妻“別格”扱い 安全配慮「無礼」報道も
    2. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
    3. 社説 安倍首相の在任 戦後3位に 「1強」のひずみは深刻だ
    4. アクセス 炎上「ワンオペ育児」 リアルなCM、賛否両論 勇気づけられた/古傷えぐられた
    5. トランプ氏 東欧の首相を押しのけ前に? 厳しい批判も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]