メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セラピーモンキー

3匹のニホンザルが「心の癒やし」

抱かれた「くらま」が甘えると、女性が顔をほころばせた=栃木県下野市薬師寺の道の駅しもつけで、野田樹撮影

 ニホンザルが「セラピーモンキー」として活動している。サルの出張パフォーマンスを手がける「モンキーエンターテイメント」(栃木県真岡市)代表の間中利美さん(39)が、我が子同然に愛情を注いで育てた3匹のオスだ。初対面の人に触られても引っかくことはなく、抱いたり体をなでたりできる。間中さんは「人に近いサルの表情や仕草は、心を強く動かす。サルにしか与えられない癒やしがある」と期待する。

 3匹は、11歳の「なると」「るいーじ」と2歳の「くらま」。同県下野市の「道の駅しもつけ」で昨年11…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです