メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道新幹線、一部区間でもOK

JR全線が乗り放題になる青春18きっぷ=遠藤修平撮影

別に片道2300円のオプション券購入が条件

 JRグループは5日、1日当たり2370円で全ての普通や快速列車に乗車できる「青春18きっぷ」について、3月に在来線から北海道新幹線に衣替えする青函トンネル前後の一部区間でも利用を認めると発表した。別に片道2300円のオプション券購入が条件。新幹線開業後も18きっぷで北海道への旅が可能か、旅好きの人たちの関心を集めていた。

 18きっぷは赤字に悩む国鉄が1982年に前身のきっぷを発売した。「18」と名乗るが年齢制限はなく、1枚が格安の1万1850円。1人で5日間使うことも、5人で1日使うことも可能で、昨年度は約70万枚が発売された。

 青函トンネル前後には普通や快速が走っておらず、これまでは18きっぷで在来線特急を利用できる特例があったが、3月26日からはこの部分が新幹線だけになる。JR北海道の島田修社長が昨年7月、「今のものが未来永劫(えいごう)続くということではない」と特例廃止に含みを持たせる発言をしたことなどもあり、危機感を持った鉄道ファンらから継続を求める声がメールなどで同社に多数寄せられていた。

 青森駅方面からの18きっぷの利用者の場合、津軽線の津軽二股駅で降り、隣接する奥津軽いまべつ駅で新幹線に乗り換える。青函トンネルを通過後、木古内駅で江差線が新幹線開業と同時に第三セクター化される道南いさりび鉄道に乗り換え、函館方面に向かう。

 片道2300円のオプション券が必要だが、本来の新幹線の利用料と三セク化区間の料金を合わせると片道4030円。JRの担当者は「利便性を維持した上で、お得感も出した」と話している。【本多健】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吹石一恵 第1子を妊娠 福山雅治がパパに
  2. MRJ 仕切り直しも失敗 再び名古屋に引き返す
  3. 貧困たたき 新宿で緊急抗議デモ 作家の雨宮処凛さんらも
  4. 24時間テレビ 裕太容疑者逮捕で前代未聞ドタバタ劇も間に合った
  5. 全日空 機長席窓にひび シンガポール行き、那覇に着陸

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]