メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫にも2割 子育てと仕事の両立が重圧か

国立成育医療研究センターなどのチームがまとめ

 女性が出産後にうつ傾向を示しやすいことは知られているが、男性も妻の出産後に2割弱が理由もなく不安になったり心配したりする傾向があるとの調査結果を、国立成育医療研究センターなどのチームがまとめた。子育てと仕事の両立への重圧などが背景にあるとみられる。うつ傾向の夫は、大声でしかるなど子どもへの虐待につながる行為の危険が高まるという。

     男性が育児に積極的に参加する「イクメン」が推奨される中、夫もメンタルヘルスが不調になりやすいことを示すデータで、同センターの竹原健二研究員(疫学)は「児童虐待防止の観点からも、労働時間の短縮など、夫のストレスを軽減する配慮が必要だ」と指摘する。

     2012年11月から半年間、愛知県内の自治体で、妻が妊娠中の男性のメンタルヘルスの状態と、虐待につながる行為との関係について調べた。

     その結果、妻の出産後3カ月まで追跡できた夫215人のうち「うまくいかない時に不必要に自分を責めたりする」などのうつ傾向を示した夫は36人(16・7%)に上った。特に妻の妊娠中からうつ傾向があった夫は、そうでない夫に比べてリスクが5・7倍高かった。

     また、産後にうつ傾向になると、虐待になり得る行為をしてしまう危険も4・6倍高まった。特に、つねる▽お尻をたたく▽子どもの入浴や下着の交換を怠る▽大声でしかる▽車の中に子どもだけを残す−−などをしやすくなるという。

     女性の「産後うつ病」を巡っては、国が01年からの母子保健行動計画「健やか親子21」で発生率の減少を目標に掲げ、対策を進めているが、男性への影響は調べられていなかった。【河内敏康】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高濃度セシウム 福島第1周辺のダム底に堆積
    2. チェック 聖地「君の名は。」現象 リアルな映像、若者を魅了 公開28日で100億円
    3. 大相撲秋場所 豪栄道が全勝優勝 カド番大関で史上初
    4. 真田丸 藤岡弘、が忠勝ゆかりの大多喜町で武者行列 ドラマ効果で参加者3倍に
    5. ポケモンGO 危険な「一斉移動」 背景に「不正ツール」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]