メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲協会

八角理事長「いい相撲取ることが一番」

 日本相撲協会は5日、今年の仕事始めを迎えた。昨年12月に就任した八角理事長は「初場所(10日初日、東京・両国国技館)のチケットの売れ行きは好調だが、気を引き締めないといけない。力士がいい相撲を取ることが一番」と語った。また、理事長付アドバイザーとして広岡勲氏(49)の就任が発表された。広岡氏は米大リーグのヤンキースなどで球団広報を務め、相撲協会では2010年から2度、アドバイザーに就いた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長崎県警 巡査4日間失踪 スマホ課金で悩み「親が怒る」
    2. ロヒンギャ 1カ月間で6700人殺害 MSFが調査発表
    3. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
    4. 調停 俳優の船越さんと松居さんが離婚
    5. 特集ワイド 止まらぬ政治家の放言・暴言を考える 低くなった「差別のハードル」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]