メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲協会

八角理事長「いい相撲取ることが一番」

 日本相撲協会は5日、今年の仕事始めを迎えた。昨年12月に就任した八角理事長は「初場所(10日初日、東京・両国国技館)のチケットの売れ行きは好調だが、気を引き締めないといけない。力士がいい相撲を取ることが一番」と語った。また、理事長付アドバイザーとして広岡勲氏(49)の就任が発表された。広岡氏は米大リーグのヤンキースなどで球団広報を務め、相撲協会では2010年から2度、アドバイザーに就いた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. さいたま市議 「首つって死ね」委員会暴言、取り消し謝罪
    2. 平昌五輪 IOC対策に死角 OAR選手薬物陽性疑い報道
    3. ドーピング 禁止物質検出の斎藤慧コメント全文
    4. Features・平昌の主役たち Vol.13 スピードスケート女子団体追い抜き 高木菜那・高木美帆
    5. 五輪スノーボード 岩渕、彗星のごとく 女子最年少16歳

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]