メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「どんな子にも居場所を」 発達障害のある子持つ保護者の会「星の子」、「みんなの学校」上映会 つくばで24日 /茨城

 学習障害(LD)などの障害がある子どもを持つ保護者で構成する「茨城LD等発達障害親の会 星の子」は24日、つくば市吾妻1のつくばサイエンス・インフォメーションセンターで、映画「みんなの学校」の自主上映会を開く。障害のある人もない人も同じ教室で学ぶ小学校を舞台にした作品を通じ、「どんな子にも居場所のある学校づくりを知ってほしい」と呼び掛けている。【蒔田備憲】

 同作品は大阪市立大空小学校に密着したドキュメンタリー作品。「不登校ゼロ」を目指し、特別支援教育の対…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文677文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです