メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近未来の資源・燃える氷

研究室だより第11部/1 鳥取大大学院メタンハイドレート科学・海老沼孝郎教授 /鳥取

鳥取大大学院メタンハイドレート海老沼孝郎教授=鳥取大学で、高嶋将之撮影

人材育成狙い、新修士課程

 鳥取県沖など日本近海の海底に眠る「メタンハイドレート」は、未来の国産資源として期待が寄せられている。鳥取大大学院工学研究科では4月から、県の寄付講座でメタンハイドレート専門の研究や人材育成のための修士課程(2年)のコースを始める。講座担当で元明治大ガスハイドレート研究所研究推進員の海老沼孝郎教授(58)の話を基に、メタンハイドレートの利活用の意義と今後の展望を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1124文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです