メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近未来の資源・燃える氷

研究室だより第11部/1 鳥取大大学院メタンハイドレート科学・海老沼孝郎教授 /鳥取

鳥取大大学院メタンハイドレート海老沼孝郎教授=鳥取大学で、高嶋将之撮影

人材育成狙い、新修士課程

 鳥取県沖など日本近海の海底に眠る「メタンハイドレート」は、未来の国産資源として期待が寄せられている。鳥取大大学院工学研究科では4月から、県の寄付講座でメタンハイドレート専門の研究や人材育成のための修士課程(2年)のコースを始める。講座担当で元明治大ガスハイドレート研究所研究推進員の海老沼孝郎教授(58)の話を基に、メタンハイドレートの利活用の意義と今後の展望を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1124文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  3. 東京 手作り傘屋、別れの涙雨 台東区の老舗、来月閉店
  4. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  5. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]