メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知りたいTPP

果樹・野菜、大半関税撤廃 かんきつ類、輸入品と競合

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)では、果樹や野菜のほとんどで関税が撤廃される。影響が比較的大きそうなのは米国などからの輸入品との競合が多いミカンだ。店頭価格が下がって消費者にメリットが見込める一方、生産農家の経営を圧迫する恐れがある。

 温州(うんしゅう)ミカンや夏ミカンなどを総称するかんきつ類の国内生産額は現在年3019億円に上るが、政府は関税撤廃の影響で最大約42億円減少すると試算している。

 温州ミカンの生産量は年約90万トン、イヨカンや夏ミカン、ハッサクなどの生産量は計約33万トン。一方…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです