メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の魚、守ろう…1月10日、記念日協会認定

記念日が制定され、知名度アップなどが期待される「北の大地の水族館」のイトウ=北海道北見市留辺蘂町の同館で

 「幻の魚」とされる淡水魚・イトウを展示する北海道北見市留辺蘂(るべしべ)町の「北の大地の水族館(山の水族館)」は、1月10日を「イトウの日」と定め、一般社団法人・日本記念日協会から認定を受けた。イトウの認知度を上げて保全活動の機運を高めるのが狙い。

    北海道「北の大地の水族館」から申請

     同水族館によると、イトウは最大で体長1.5メートル以上になる国内最大の淡水魚。以前は東北地方でも生息していたが、河川環境の悪化で現在は道内の11河川水系のみで確認されている。繁殖可能な雌は推定約3000匹。環境省のレッドデータブックでは、近い将来に野生での絶滅の危険性が高い「絶滅危惧1B類」に指定されている。

     同水族館では、国内外で最大規模とされる天然のイトウ約40匹を飼育。昨年11月、道内の保護団体で作る「イトウ保護連絡協議会」への加盟を機に、記念日制定を企画し、語呂合わせで1月10日が選ばれた。

     今月10日は、「伊藤」「井藤」といった「イトウ」姓の来館者の利用料金を通常の670円(一般)から110円にする。それ以外の名字でも抽選で110円になるほか、繁殖期に体色が赤くなることにちなみ、赤い服の男性へのプレゼントや、イトウの生態や現状を語る「イトーク」を企画している。問い合わせは同館(0157・45・2223)。【山田泰雄】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英EU離脱 公約「うそ」認める幹部 「投票後悔」の声も
    2. TBS バラエティー番組で警察出動騒ぎ
    3. 公然わいせつ 「乳首おじさん」懲戒免職 滋賀・栗東市
    4. 共産党 「人殺し予算」発言を注意 志位委員長
    5. 捕獲の子グマ ツキノワグマではなくタヌキだった 青森

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]