メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

半俵寒念仏

義経、弁慶の故事にちなみ舞う…栃木・那須

にぎやかに繰り広げられた半俵寒念仏=栃木県那須町高久乙の半俵公民館で

 栃木県那須町高久乙の半俵(はんびょう)地区に伝わる伝統行事「半俵寒念仏」(県指定民俗文化財)が6日、地元の公民館で奉納された。

     鎌倉時代、源頼朝の追討から逃げる義経一行が地区の岩穴で一夜を過ごした故事にちなみ、霊を弔ったのが起源という。現在は地元の農家(計23軒)の男性当主が支え、寒の入りと土用に舞い、五穀豊穣(ほうじょう)などを祈る。

     1人が義経、もう1人が弁慶の小さな人形をあしらった冠を頭に載せ、小太鼓を抱えた主役の「なりふり」、女装の「鉦打」らの脇役らと6人が、笛や鉦、歌と「そりゃ、さっさぁー」の掛け声に合わせてにぎやかに舞った。

     弁慶の冠を付けて20年という秋元一繁さん(40)は「平和な1年になりますようにと願いを込めて舞いました」と話していた。【柴田光二】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    2. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
    3. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
    4. セクハラ疑惑 「ある意味犯罪」自民・下村氏が発言謝罪
    5. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]