メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

学生でも不当なルールは変えられる ブラックバイトユニオンの渡辺寛人さん

わたなべ・ひろと 1988年、川崎市生まれ。法政大学現代福祉学部卒業。2009年から学生ボランティアとしてPOSSE(ポッセ)に参加。11年4月から仙台で被災地支援に取り組み、14年8月にPOSSEの仲間約20人とブラックバイトユニオンを結成して共同代表に。現在、東京大学大学院修士課程に在籍。社会学修士(一橋大)。

 学生がアルバイトで、単位を落とすほど休めなくなる勤務シフトを強制されたり、残業代が正しく支払われなかったりする「ブラックバイト」の横行が社会問題となっている。これを同世代の若者たちの力で解決しようと2014年8月にブラックバイトユニオンが発足した。無理な勤務シフトをやめさせるなどの成果を上げてきた共同代表の渡辺寛人さん(27)に、学生が中心になって運営するユニオンの可能性を聞いた。【聞き手・山越峰一郎】

 −−厚生労働省が昨年11月に発表した調査結果で、大学生の6割がアルバイト先で労働条件など何らかのト…

この記事は有料記事です。

残り6333文字(全文6587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
  5. NASAの探査機が太陽圏外に 1977年に打ち上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです