メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中塩美悠の青いバラ

暗闇の2カ月間 スケートを信じたい

元アイスダンス日本代表のキャシー・リードさんに指導を受ける中塩美悠さん(左)=広島市東区で2015年11月19日午後8時29分、高橋咲子撮影

 今回はスケートアメリカ(2015年10月23〜25日)が終わってから今に至るまでの、私の約2カ月間を書きたいと思います。

 スケートアメリカが終わった直後の11月、私は西日本選手権が免除だったこともあり、1週間ほどスケートを休んでいました。頑張ったはずなのに結果が出せなかったスケートを、理解することができませんでした。暗闇の中でDVDを鑑賞する日々が何日もありました。

 1週間後、いざ復活!と思っても一度信じられなくなったものは1週間で何とかなるものではありません。靴…

この記事は有料記事です。

残り1872文字(全文2107文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです