メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ほそがい・じゅんいち 1966年東京都大田区生まれ。92年に26歳でアルミなどの加工を得意としたマテリアルを設立。製造品は防衛機器や衛星機器、OA機器、カメラ機器など多岐にわたる。12年に初代推進委員長に就任。14年6月から現職。

下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会ゼネラルマネジャー

オールジャパンで世界と戦いたい

 「氷上のF1」とも呼ばれる冬季オリンピック種目の「ボブスレー」は、選手がそりを押す力と滑り降りる操縦技術、そりの性能で決まるとされる。世界の強豪チームは国家プロジェクトとしてのそりの開発に取り組み、BMWなどの有名自動車メーカーも開発に取り組んでいる。その世界に日本のモノ作り技術で挑んでいるのが東京の下町・大田区の町工場の経営者たちだ。「ニッポンから世界への挑戦」を合言葉に、独自にそりを作り上げた。日本代表チームにはまだ採用されていないが、世界を見据えた取り組みについて推進役の細貝淳一氏に聞いた。(聞き手 本誌・田中公明)

 −−大田区のモノ作りの現状を説明してください。

この記事は有料記事です。

残り2459文字(全文2796文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです